トップ / 求人広告での期待と現実

求人広告での期待と現実

求人広告での甘い文句

募集

求人広告での月給について

求人広告を見ると正社員の場合には月給が表示されているのが普通です。例、30才、妻、子供2人で月200000円~が、これはあくまでも目安なので、きちんと聞いて正しい金額の提示を求めた方が良いでしょう。加えて、休日出勤や残業代も把握しておく必要があります。また、一部の仕事では月給と言っても時給計算で休んだ日には給料が発生しない所もありますので気を付けたいです。求人サイドは一刻も早く働き手が欲しいわけですから、広告には甘い文句を載せて来ることも考えねばいけません。また、よくあるのがボーナスと明記されていて期待していたら、1万円だったりとか通常考えるところのはるかに低い額を提示されることもあります。

月給だけで判断しない

求人情報を見て仕事を探す時、気になるのは時給や月給です。給料が安いと働く気にならないかもしれません。誰でも短時間で高収入を得たいとおもうものです。もし同じような仕事をするなら、1円でも給料が高い方がいいと思います。でも求人情報を見る時、月給だけで仕事を選ぶのはあまり良い方法ではありません。その仕事が自分にあっているかどうかが大切です。自分に全くあっていない仕事は続けることができません。逆に給料が安くても、あっていれば長く続けることができます。給料だけでは仕事の価値をはかることはできないからです。総合的に見る必要があります。

↑PAGE TOP