トップ

求人募集のトラブル解消

求人募集のデメリット

募集

求人と業務委託どちらがお得か

小さな会社が、事務の方をお願いするために求人募集し、決まってやれやれと思ったとたんに、事務員さんと連絡がれなくなり、途方に暮れてしまったという話をちらほら聞きます。求人募集するのにかかった経費と労力が一度に水の泡になる瞬間です。その点、きちんとした会社に業務委託すると、電話の対応も完璧、質問メールにもちゃんと返信していただける。事務員さんの病気や急用にやきもきすることなく、仕事に励むことができます。業務委託することで、小さな会社に大きな見方ができます。昔に比べて費用も格安になりました。ぜひともお勧めしたいと、小さな会社の社長は思う今日この頃です。

業務委託という働き方

ここ数年、働き方が多様化している中で社員やアルバイトとも違う形態の業務委託の求人を見かけるようになりました。社員と大きく異なる点は企業と雇用関係がない事です。文字通り、業務を委託される。企業と対等な立場で依頼を受けます。どのような仕事をいつまでに、いくらでという契約を結びます。求人ではやシステムエンジニアや軽貨物運送業等、自分の技術や得意分野をいかせる仕事が多いようです。雇用関係がないのです煩わしさもありませんが企業が全額または一部負担負担してくれる雇用、労災保険、健康保険、厚生年金はありません。自分で国民健康保険や国民年金に加入します。企業と契約をする際には経費を考えて金額の見極めをすることが大事です。ただ業務委託ですので自分で頑張った分は自分の収入に繋がるのでやりがいは大きいようです。

↑PAGE TOP